[JREIT]マイナス金利の影響と投資方針、イベント情報

昨日の日銀マイナス金利の影響でJREITの保有高が爆上げして、嬉しい反面、どうせ長期保有なので買い増しし辛くなったのは残念という両面の気持ちがある今日この頃です。
まあ、下がっている時は悔しいと思うので、勝手なものですね。

スポンサーリンク
Id_20151123

マイナス金利のJREITへの影響

私は金融政策の専門家ではないので解説は出来ませんが、私の理解を一行で書くと
「お金を借りる側にメリットのある政策が発表されたので、その代表格である不動産関連が上げた」
ということでしょうか。
投資家として気になるのは「実態として本当にそうなのか」と言うことと「その持続性」ですね。
本当にそうなのか、というのはマイナス金利の導入自体は勿論本当なのでしょうけど、不動産業、JREITへの業績面への影響が出てくる程なのか、ということであります。
この部分も私は専門家ではないので何とも言えませんので、ニュースを注視していきたいと思います。
昨日は「マイナス金利」という語感のインパクトと期待感で上げたんだろうと考えています。
徐々に時間が経つと冷静な分析やJREIT各社の動向も明らかになってくるでしょう。これが「その持続性」です。個人的には、そう長くは続か無いのでは、、と予感しています。。

2016年前半のREIT投資方針

これは昨年からは変わっていません。

  • REITへの投資は、全投資額の25%程度
  • REIT内での国内外の比率は2:3程度を目指す。
    海外を多めにしたい、ということです。
  • JREITは個別銘柄を基本とし、並行して投資信託の積立も行う。
    投資信託の積み立ては補助的な扱いで、ある程度の金額になったら売却して個別銘柄の購入に充てます。
  • 商業、住宅、物流をメインに2〜3銘柄に分散。オフィス系に今のところ無しで、ヘルスケアは様子見。

現時点で上記になっているかと言うとそうではなく、色々と買い増ししてきた影響でREIT内での国内外比率や全投資額に占める割合も多めです。
そう、買い過ぎてしまっているのです。。
REITは日本人の不動産好き、インカム収入好きの心情にマッチした金融商品だと思います。

直近のJREIT関連イベント

ということで気になる今後のJREIT動向ですが、来月後半に東京で下記のイベントが開催されます。
直接の声が聞ける機会ですので、これは是非参加したいと考えています。
J-REITファン2016

  • 日時・場所:2016年2月20日(土)10:00〜17:10 東証ホールほか
  • 参加企業:J-REIT(14社)、証券会社(1社)
  • プログラム:
    • J-REIT IRセミナー
    • 証券会社セミナー
    • 基調講演
    • 特別講演
    • J-REITトークセッション
  • 企業展示ブース:J-REIT(14社)、証券会社(1社)、東京証券取引所、日経ラジオ社

14社はちょっと少ないですが、持っていない銘柄が多いので楽しみにしたいと思います。
ちなみに、特別講演のメインスピーカーは「武者陵司」さんです。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする