2016年1月配当・分配金実績。年末年始要因で多めだが、下落相場では有難い。

少し早いものの明日入金される配当金・分配金は無いはずですので、2016年1月の配当・分配金実績まとめを公表します。
今月は少し多めでした。

スポンサーリンク
Id_20151123

2016年1月配当・分配金一覧

日本円以外のものは基本的には円転せずにそのまま運用しますが、計算上、入金を確認した時点での為替レートを元に日本円換算値を計算しています。

日付銘柄金額
(現地通貨)
金額
(日本円)
2016年1月4日RWR(NISA)$52.37¥6,309
1月4日IYR$68.99¥8,242
1月4日PFF$68.50¥8,184
1月4日UNP$15.82¥1,890
1月4日VIG(NISA)$12,83¥1,533
1月12日MO$24.38¥2,866
1月18日KHC$49.49¥5,807
1月18日GSK$60.55¥7,105
1月26日GE$41.30¥4,874
合計$352.93¥46,810

年末年始を挟んだために多め。でも嬉しい

過去数年の実績からいっても、今月は自分としては多めの月でした。
持ち株の増配や買い増しにより数量が増えてきたこともありますが、昨年末のうちに現地では支払われていたものの日本の口座(SBI証券)への入金が年明けにずれ込んだだけ、というものが多い為です。
昨年12月は事前の計算より少なめでしたし。
2015年12月配当・分配金実績。やや少なめ。
こういうことは良くあるので、月単位で実績を図る作業にどれだけの意味があるのか(今回は更に年越しを挟んでいるし)、疑問ではあります。
が、、そこは都合良く解釈し、この下落の時期に4万円台後半の入金があったことは素直に喜びたいと思います。
行動経済学で言うところの「心の会計、メンタルアカウント」の一種でしょうか。

来月、再来月は少なめを予想。下落を拾って配当の原資を増やす

と言いつつ、これまた過去数年の実績などから、来月と再来月は今月よりかなり少ない入金になることはほぼ読めています。
毎月コンスタントに5万円くらいになってくると、だいぶ意識も変わってくるとは思うのですけど、まだまだですね。

特に昨年後半に日本と新興国の個別株からは撤退してしまいましたので、その分の減少はまだ穴埋め出来ていない状況です。
幸いというか、株価が下落している今こそは仕込みの時期と考え、高配当の銘柄を拾っていきたいと考えています。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする