[GE]ゼネラル・エレクトリックから2016年一回目の配当金。巨額の株主還元はこれから?


保有銘柄であるゼネラル・エレクトリック(ティッカーコード:GE)から、配当金の入金がありました。
250株を保有しておりまして、税引き後の実際の入金額は$41.3でした。
入金確認時点でのSBI証券提示の為替レートで計算した日本円換算額は4,874円となります。
配当金はSBI証券の預かり金に貯めておき、追加入金などと合わせて米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

本業回帰の事業再編

ゼネラル・エレクトリックと言えば米国を代表する大企業であるわけですが、昨年のニュースとしては金融事業を縮小して本業である工業部門に回帰する事業再編を発表し、合わせて巨額の株主還元策を公表しています。
その再編では家電事業も対象となっており、欧州のエレクトロラックスへの売却が破談になったと思っていたら、なんと今年に入り中国のハイアールに売却というニュースが出ていました。
米GEが54億ドルで家電事業売却へ、中国の青島ハイアールと合意(ロイター)
家電と言えばGE発祥の事業の1つでしょうし、記事によると米国の白物家電市場ではワールプール次ぐ2位らしいのですが、それでも売却してしまうところが米国流というかCEOのジェフ・イメルト流といいますか、凄いですね。

株主還元策

事業再編はこれでひとまず完成したと思うのですが、金融事業や家電事業の売却はGE株主にとっては特に何も変化はありませんでした。
株主還元策については昨年末にニュースが出ていて、2016年に配当と自社株買いを行うようでその金額も公表されています。
[GE]ゼネラル・エレクトリックの2016年、配当・自社株買い(2015年12月25日)
今回の配当金は昨年に出た前回と同額なので通常の配当金だと思うのですけど、記事に出ている自社株買いを含む巨額の株主還元策はまだ始まっていないと見て良いのでしょうか?よく分かりません。。
まだこれからなのであれば、買い増ししても良いかと思えるところであります。
GEはもともと高配当な部類で、昨年に大物投資家の介入で株価高騰した後でも利回りとしては3%以上あります。
加えて、工業部門への回帰も個人的には望ましい方向だと思っています。世界規模のインフラ投資や第四の産業革命(インダストリー4.0)の主役の最有力候補ですし。
昨日と同じ引用になりますが、MarketHackでも昨年12月に2016年のコア銘柄として挙げられています。
FOMCが終わったら…この銘柄を買え!

ゼネラル・エレクトリック業績推移

 2014年2013年2012年2011年
当期利益15,233M13,057M13,641M14,151M
一株当たり総資産(BPS)12.7812.9811.8211.01
一株当たり利益(EPS)1.511.281.291.24
ROE14.04%10.97%10.45%12.23%
一株当たり配当0.890.790.70.61
単位は米ドル。数値の完全性は保証しません。
スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする