米国利上げとJ-REITの見通し。各社の情報から。

前回書いた米国の利上げによる米国リートへの影響「利上げと米国REITの見通し。各社の情報から」に続き、調子に乗って、、J-REITへの影響につきまして。

が、しかし、米国リートとは違って、あまりこれといった情報が見つかりません。
「jreit 利上げ 影響」という組み合わせで検索しても、「j」抜きで「もしかして: reit 利上げ 影響」とGoogleに言われてしまいます。。

J-REITファンドの月報などを読んでいっても、国内事情にのみ言及したものが多いです。
ちなみに、いずれのレポートも、今後は堅調というスタンスのものです。

そんな中、ようやく見つかった情報をいくつか。

大和投資信託
大和投資信託 > マーケット情報>国・地域別情報>日本
11/09の日付で出ている「11月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場」の9ページ目です。
と言っても、「利上げを織り込む動きが進んでいる」とちょこっと触れられているだけでした。
ちなみに、10/13の『Jリート』市場環境改善へにも出ていますが、最近の大きなニュースとしては、ノルウェーの政府系ファンドが日本で数千億円規模の不動産投資を行う、というものです。

そして、みずほ投資信託顧問
J-REIT市場の動向について(Q&A)(PDF)(※2016/9/4 リンク切れ)
ここでも、利上げの影響はある程度織り込まれているとされています。
日本の金利上昇は見込みにくいとも。
上記は7月のレポートでして、最も新しい11/12のレポートである
J-REITの投資環境について(PDF)(みずほ投資信託顧問)
でも金利上昇とJ-REITの関係に言及していますが、米国ではく過去の日本での金利上昇についてのようです。

スポンサーリンク
Id_20151123

結果、自分の判断

ということで、どうも米国の金利上昇はJ-REITの投資環境には直接的な影響は小さい、というのがコンセンサスのようだと判断しました。
もちろん、実際の利上げが発表されてしばらく経ってみないとなんとも言えないところでしょうけれど、インデックスファンドの積み立ては継続していますし、様子見で機会を失うことは避けたいですね。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする