[KHC]クラフト・ハインツから2015年2回目の配当金。バフェト銘柄です。


保有銘柄であるクラフト・ハインツ(NYSE:KHC)から2015年二回目の配当金の入金がありました。

120株の保有でして、税引き後の入金額は$49.6でした。日本円換算額は6,092円です。
配当金はSBI証券の預かり金に貯めておき、ある程度の額になったらNISA口座でETFを購入します。

さてこのクラフト・ハインツですが、名前の通り日本ではチーズなどで知られているクラフトフーズと、ケチャップで有名なハインツが合併して誕生した会社で、食品業界では世界第5位の規模だそうです。

合併の一方のクラフトフーズは、旧クラフトフーズが北米対象と北米以外対象の事業会社に分割されたうちの北米事業会社の方で、北米以外を対象とする会社は「モンデリーズ・インターナショナル」という社名となっております。なかなかややこしいところです。
ハインツはかつては株式を公開していた会社ですが、2013年にバークシャー・ハサウェイを含む投資グループに買収され非公開企業となっておりました。バフェット銘柄というやつですね。

スポンサーリンク
Id_20151123

今後の方針

下記に6ヶ月チャートを載せましたが、見事なヨコヨコ推移です。

[KHC]クラフト・ハインツ 6ヶ月チャート(Yahoo!ファイナンスより)

このクラフトハインツの今後ですが、どのようなものになるのでしょうか。
まず、4-6月期の決算は減収だったようです。
米クラフト・ハインツ、第2四半期は減収 合併後初の決算(ロイター)

しかしその反面、バークシャーはハインツが寄与して7-9月期は過去最高益。。
米バークシャー:10-12月利益は32%増-通期で過去最高益を更新(Bloomberg)

人員削減なども進んでおり、バークシャーによるコスト削減が進んでいるというニュースです。
クラフト・ハインツ、北米で2500人削減へ(WSJ)

配当利回りは現在のところ3%程度でして、それほど高配当という訳ではありません。
とはいえ、まだまだ始まったばかりの会社であり、なんといってもバフェット銘柄ですので、保有の方針です。
バフェット・バークシャーということで、単なる株価上昇や増配だけでなく、M&A絡みも何か期待できそうですし。
はだ、買い増しに走るかは、ちょっと微妙です(懐疑的というよりは、個人的な優先度の関係で)。

ということで今回はクラフト・ハインツ(KHC)の話題でした。
投資は自己判断でお願いします。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする