[MON]モンサントから2015年4回目の配当金。世界の食糧を握るバイオ企業

※写真と記事内容は関係ありません。

※写真と記事内容は関係ありません。

保有銘柄である米国企業モンサント(NYSE: MON)から配当金の入金がありました。
40株の保有でして、税引き後の入金額は$15.53でした。日本円への換算額は1,870円です。

このモンサント、バイオテクノロジーの企業でありまして、遺伝子組み換えの穀物・野菜の種子、除草剤・農薬の開発、販売を行っております。
遺伝仕組み換え作物の種子では世界シェアは約90%を誇り、米国の食物における世界戦略の一翼を担っている企業とも言えるでしょう。
また、その業態から一部では非常に悪名高い企業であることはご存知の方も多いかと思います。
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の推進勢力の中核にいるとも言われており、ベトナム戦争時の枯葉剤の製造など、話題には事欠きません。

そんな企業の株を持つのはどうかという意見もあると思いますが、こういう憎まれっ子世に憚る的な企業こそ得てして着実に増益・増配をしているものだと読みと、批判するのも一つの対応であるがそういう企業を自分の資産のために利用してしまう(配当金と、いずれ売却する時の売却益)のも対応の一つ、とい考えによります。
いずれはモンサント由来の遺伝子組み換え食品が日本にも押し寄せてくるのでしょうが、それをなすがままに受け入れるより、ささやかながらカウンターをかましてやろう、と。。

ただ、直近の業績と株価はイマイチでして、下の方に貼り付けたS&P500との比較10年チャートでもわかるように、途中までは素晴らしくアウトパフォームしておりますが、今年に入ってからはボロ負けです。

詳細は下記のフォーブスの記事が参考になります。
巨大バイオ企業、モンサント社の6つの誤算 2600名をリストラ(http://forbesjapan.com)

また、配当に関しては米国Yahoo!のFinanceで見る限り2001年から増配は続いているものの、利回り自体はそれほど高くはなく、最近は2%台のようです。

このモンサント、フォーブスの記事にあるように業績不振への対応によっても変わらざるを得ないと思いますし、下記にもあるようにモンサント自身も内部から変わっていくようですし、推移を見守りたいと思います。
モンサント、頑なだった態度をなぜ一変?(東洋経済オンライン)

(と言いつつ、他の銘柄との関係やその他諸々の事情によりモンサントは売却候補の一つでして、一旦利益確定するかもしれません。。)

[MON]モンサント SP500との比較10年チャート(Yahoo!ファイナンスより)


モンサント業績推移

 2011年2012年2013年2014年2015年
当期利益1,607M2,045M2,482M2,740M2,314M
一株当たり総資産(BPS)21.5722.1423.7416.2314.93
一株当たり利益(EPS)3.003.834.655.285.29
ROE13.92%17.28%19.76%34.79%30.75%
一株当たり配当1.141.281.551.782.01
単位は米ドル。数値の完全性は保証しません。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Id_20151123