これまでの配当金・分配金の受取額の推移を公開(2001年 – 2015年10月まで)。配当金生活はまだまだ遠し。。

手元の記録で残している配当金や分配金の受取額の推移を公開します。 2015年は10月末時点までとなります。
「さわかみファンド」の積立を開始して投資生活のスタートを切ったのが2000年で、上場直後のマネックス証券の株を買って上がったと思ったらすぐに下がって損したのも2000年、そしてその他の個別株への投資を始めたのが2001年ですので、これで全記録になります。

税引き後の実際の受取額で、外貨建てのものは入金日の為替レートで円建てに換算しています。
為替の影響は意外と大きいので注意が必要です。この期間には米ドル円レートでいうと一ドル134円台も75円台も含まれていますので。


2007年をピークにして翌年から落ちるのは、住宅を購入するために住宅ローンを契約したので頭金のために持ち株を減らして「一時撤退」した為です。当時はFXなどもやっており、豪ドルの買いでそこそこの利益を出していたりなどありまして。

2008年からはちょうどサブプライム危機やリーマンショックでしたので、その頃はかなり資産額を縮小させていたので傷は浅かったのですが、市場全てが安くなっていたその頃に株を買えていればもっと良かったところですね。
ただ実際、当時の総悲観の状況で買い向かう気になれたかというと、難しいところです。

しばらくは住宅ローンの繰上げに全力を注ぎまして、2012〜2013年から徐々に再開していったという感じです。
その頃読んだ「株式・Jリートで賢く稼ぐ! 配当パワー投資入門」という本にもかなり影響されています。
また、J-REITは横目ですっと見ていたものの、投資信託ではなく個別銘柄を買い始めたのは2013年からです。上記の本をきっかけに始めました。

スポンサーリンク
Id_20151123

今後の目標

当面の目標は月額10万円を超えることでして、配当の再投資による複利のパワーを実感出来るところまではまだ達している気はしていません。
という感じの2015年10月の状況でありまして、今後も増配、追加購入で増やしていく予定です。と言いつつ、今年の資金投入は前年を下回ってはずでして、、まだまだです。


スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする