FXのデモ取引を始めてみた。投資人生、どこかでレバレッジ。

来年から「新規参入」&「久しぶりの復帰」を考えている投資対象がありまして、そのうちの1つが外国為替証拠金取引、FXです。
FXは「久しぶりの復帰」の方ですね。「もう一つ」の方は、いずれ触れます。
久々ということもあり、すっかり忘れているのとツールも進化しているでしょうから、まずはデモ口座でバーチャルな取引をしてみることにしました。

スポンサーリンク
Id_20151123

7-8年ほど前にFX経験あり

FXは初めてではなく、以前行っておりました。豪ドルとユーロ(当時は高金利かつ強かった)の買いでけっこうな利益を上げまして、家を購入しローンを組むことになったのでリスク軽減と現金残高を増やすため、惜しみつつ全てを決済して一旦撤退していました。
ちなみに、その数ヶ月後に「リーマンショック」が起きたので、今にして思うと危機一髪でした。

人生、どこかでレバレッジ勝負

FXがゼロサムゲームであり、長期的に勝ち続けることが難しく(というか、無理)経済発展や企業の成長により新たな価値・富が創造される株式こそが資産形成に資する、ということは分かっております。
だからこそ今は株式、特に米国の高配当な優良企業への長期投資を基本としているのですけれども。一方で、普通の人が金持ちになるには、どこかの時点でレバレッジをかけた投資を行う必要があると考えています。
人によってはそれがローンを組んでの不動産投資だったり、借り入れによる起業や事業の拡大だったり、なのだと思います。
私にとってのその最もお手頃な手段がFXであると位置づけ、本格復帰する次第です。

流行りのリピート注文をやってみたい。

今回は、オーソドックスな自分の裁量で行うトレードより、最近人気になりつつあるある一定のルールに基づいて機械的に思っていまして、自動売買を行うシステムを使ってみるのも目的の一つです。
こういうやつですね。


株もですけど、いかに感情を排してルールを徹底するかがFX成功の必要条件と思っていまして、それを実地検証するのが重要なミッションです。
また、最近やたらとこの手のリピート発注系の勝率やリターンが高い事が喧伝されているので、それは本当なのかと。。
本命は上記の本で扱っているアイネット証券の「ループ・イフダン」ですが、デモ口座が無いので類似の仕組みを持ち、二番手に考えていた外為オンラインの「iサイクル注文」のデモ口座を試します。
(このまま良ければ外為オンラインを使い続けてしまうので、顧客獲得におけるデモ口座の有無の役割は重要だと思います。。)

300万からスタート。

比較対象として以前使っていて休眠状態だった外為ドットコムのデモ口座を自分の判断で取引する「裁量トレード」の口座とし、数日前からスタートさせました。
クリスマス後、年末のマーケットなので閑散としていて値動きが小さいのですが、かえって色々じっくり考えて動けるのでそれはそれで良いかと自分を納得させます。
で、開始して数日ですが、細かい値動きにも反応して数回の利益確定があり、既に(バーチャルな)資産は数千円分増えています。
一方、自分の判断で売買している外為ドットコム側は、初っ端から判断ミスと損切りの発注漏れで大幅な含み損。。
やはりこれからは自動発注の時代なのかも知れません。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする