[LMT]ロッキード・マーチンから2015年4回目の配当金。株価も配当も好調。

保有銘柄であるロッキード・マーチン(ティッカーコード:LMT)から配当金の入金がありました。
30株を保有しておりまして、税引き後の入金額は$35.53でした。当日の為替レートで日本円に換算すると4,271円となります。
配当金はSBI証券の預かり金に貯めておき、入金などと合わせて米国株やETFの購入に充当します。
(で、このロッキード、事業内容を詳しく記述するとGogleの規約に掛かりそうな気もするので、その辺は控えさせていただきます。。)

スポンサーリンク
Id_20151123

株価好調

本銘柄は直近はかなり株価好調でありまして、Yahoo!Finaceのチャートを見る限り、5年で3倍程度の伸びを見せています。

[LMT]ロッキード・マーチン 5年チャート(Yahoo!ファイナンスより)


私が購入したのは2013年の前半でしたが、その時点からでも240%増程度にはなっていまして、実は私の保有している中では最も成績の良い銘柄がこのロッキードなのでした。

高配当かつ増配銘柄

配当も今でも年率で3%の利回りがありますが、私が購入した頃は5%を超えてしまして、何か裏があるのではと勘ぐってしまう程でした。
米国Yahoo!Financeを見ると2000年初頭に一度減配をしているようなので、連続増配○年継続中!という訳では無いようです。
増配ペースも速く、私が購入した2013年初頭からみても既に1.4倍になっております。

官需主体で製品単価が高く、「売り切り」ではなく継続的にメンテナンスも必要という、この会社特有の事業特性が影響しているのでしょうか?
研究開発費が嵩みそうなのと、世界情勢や国策により業績変動が激しそうなので、株価も配当もアップダウンが激しそうなイメージがありますがそんなことは無いようです。
やはり銘柄研究、業界研究はきちんとしないといけませんね。
確か、バフェット率いるバークシャー・ハサウェイも一時期、同業のゼネラル・ダイナミクス(ティッカーコード:GD)を保有しておりました。

継続保有だが、買い増しは要検討

ということで株価も配当も投資家にとって良いことづくめのロッキードですが、やはりこの会社(業種)が業績好調で株価好調というのは心情的には若干微妙なところで、このまま素直に応援できるかという気持ちもあります。
純粋に投資対象としてみても、(上記のチャートのごとく)最近上がりすぎているようにも見えますので、ここから更に買い増しできるかというと、様子を見たいところです。
外部要因としては米国で政権交代があると方針がガラッと変わることもありますので、大統領選を控えているこの時期は尚更動きづらい状況です。

ということで、当面は現状株数のままキープで、様子見とします。
※投資判断はご自分でお願いいたします。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする