【通信費】AUを解約してBICSIMへ番号そのままMNP移転_その3

ちょっと間が空きましたが、前々回並びに前回に続きまして、AUからBICSIMへのMNP移転の顛末記です。

スポンサーリンク
Id_20151123

iPhone5sを購入。

銀座などにあるアップルストアの実店舗に行くことも考えましたが、時間が取れなかったのでオンラインストアで済ませます。
仕上げはシルバーにしました。グレイだと指紋が目立つので。
容量は32GB。
少しでも安くしようとすると16GBを選ぶべきでしょうけど、今後最低3年は使い倒して行こうと考えると、16GBは流石にちょっと少ないかな〜、と。
容量が小さい端末はデータをネット経由でクラウドサービスへ保存する事が欠かせないと思いますが、今回は通信量をいかに抑えた使い方が出来るかがポイントですので、正反対であると判断しました。
そしていつも悩む延長保証の「AppleCare+」は、考え抜いた末に「有り」に。
iPhone5sの場合、12,800円(税別)で、安くない選択です。
今のiPhone5では加入してまして、電池の不具合が起きて交換修理した際に助けられたのと、けっこうな頻度でポケットなどから落とすので、まあ保険という事で。
ケースも入れると、結局これで端末周りで8万円を超えました。
ネットでポチると、数日で届きました。
4インチのiPhoneの新機種が来年出てくるのかどうかまだ分かりませんが、現行品としてiPhone5sが買えるうちに手に入れておくというのもアリではないでしょうか。

AUから予約番号を入手

今回は電話番号そのままで移転するので、AUから予約番号を入手する必要があります。
前回ドコモからAUに移転した際も電話口でドコモのお姉さんに散々引き止められた経験があり、気が重い作業です。
今回も店舗(AUショップ)に行く勇気は当然無いので、電話します。
電話に出たお兄さんに移転の意思を伝えます。
が、ドコモとAUの違いなのか、3年前よりMNPが普及して手慣れてきたのか、今回はそれ程の引き止め工作は無く、割とあっさりと番号を入手しました。
ちなみに、前から気になっていた事を聞いてみましたが、予約番号の有効期限(二週間)が切れると特に何のペナルティもなく、単に元に戻るだけだそうです。
また、予約番号の有効期間中はAUの設定変更は出来なくなる、という事も初めて知りました。

ポイント交換でちょっと失敗

AUだと「WALLETポイント」というポイント制度がありまして、色々な物に交換したりキャッシュバックに使ったり、別のポイントに交換出来たりします。
私の場合、ポイントに有効期限があるからと割とマメに「スターバックスカード」にチャージしていたため、最後は180ポイント程度しか残っておらず、何にも交換出来ずにポイントが消失してしまいました。
スターバックスカードへのチャージは「500ポイント以上、100ポイント単位」という交換レートなので、上手くやれば100ポイントは無駄にならずに済んだのですね。
随分前から移転を考えていたのであれば、ポイントは温存しておくべきでした。
これからMNP移転を考えている方は、ポイントにはご注意ください。

という事で、端末と予約番号を入手したので、クレジットカードや本人確認書類も用意して、ビックカメラ有楽町店に向かいます。

続く。。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする