[GE]ゼネラル・エレクトリックの2016年、配当・自社株買い

見逃していましたが、一週間ほど前にニュースが出ていましたね。
米GE、株主に260億ドル相当を還元へ-製造業への軸足シフト完了(ブルームバーグ)
ゼネラル・エレクトリック(GE)は今年、本業である製造業への回帰するためGEキャピタルなど金融ビジネスの大部分を売却することを発表し、着々と事業再編を進めておりました。

GEには時価評価額で100万円弱ほどの株を保有しておりまして、弱小個人投資家としてはそれなりの割合になりますので、その一挙一動は気になるところです。

スポンサーリンク
Id_20151123

2016年に配当と自社株購入で260億ドル(約3兆1900億円)を株主に還元

以前は「2015年から」とか「総額900億ドル」とかいう言葉も出ていたような気がしますけど、、どうやら上記の時期と額が最新かつ正式のようです。
内訳としては配当金に約80億ドル、自社株買いに180億ドルを投入するとのことです。

来年は大幅増配か

巨額の還元策なのでしょうが、実際にどれだけの増配になるのかがピンときません。。
直近のGEの発行株式数は「10,109,239,000株」、一株あたりの年間配当額は「$0.92」となります。
(ともに、GE.comのStock Informationより)

今年2015年のGEが株主に支払った配当の総額は単純計算だと「発行株式数」×「一株あたり配当」ですので、上に出ている数値で計算すると約93億ドルとなります。
今年GEは自社株買いを実施していないと思うので、この約93億ドルが株主に還元された総額とすると、来年予定されている260億ドルというのは、その約3倍に相当します。
けっこうな大盤振る舞いですね。
自社株買いで株数を減らした上で配当するのでしょうから、最終的にどの程度の額になるのかはよく分かりませんが、これは期待して良さそうです。

物言う株主のおかげで2015年は株価も上昇。GEは来年もホールドで

GEと言えば今年、大物アクティビスト(物言う株主)の「ネルソン・ペルツ氏」が大株主になったことで、株価も大きく上昇しました。
今年はフランス重電「アルストム」の発電事業買収や、モノのインターネット「IoT」、「インダストリー4.0」の推進など経済ニュースを沸かせたGE、来年も期待してホールドです。

こういった世界を間近に実感できるのも、外国株投資の醍醐味の一つです。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする