[HD]ホーム・デポから2015年4回目の配当金。小売かつ住宅関連銘柄。

保有銘柄であるホーム・デポ(ティッカーコード:HD)から配当金の入金がありました。
90株を保有しておりまして、税引き後の入金額は$38.18でした。入金日の日本円換算額は4,666円でした。
入金はSBI証券の預かり金に貯めておき、米国株やADR、ETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

米国小売業界の雄

ホーム・デポは住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーンでして、日本には進出していないため馴染みが無いかも知れませんが、小売業ではあのウォルマートについで世界2位の規模。
また、ダウ30種平均にも採用されているという巨大企業です。

 2015年2014年2013年2012年
当期利益6,345M5,385M4,535M3,883M
一株当たり総資産(BPS)7.139.0711.9811.64
一株当たり利益(EPS)4.743.783.032.49
ROE68.06%43%25.51%21.7%
一株当たり配当2.361.881.561.16
単位は米ドル。数値の完全性は保証しません。

住宅関連銘柄

このホーム・デポは小売業ではありますが、その扱い商品から言っても、ウォルマートや日本でいうセブン&アイやイオンのような小売ではなく、個人的には「住宅関連」の銘柄に分類しています。
購入したのも、サブプライム危機の前だったか後だったか、「米国の住宅関連銘柄が熱い!」というような特集が株雑誌や証券会社のウェブサイトで組まれ、米国の住宅メーカーの銘柄が紹介されていた時期になります。
米国の住宅メーカーと言われても聞いたことがない会社ばかりで、右肩上がりのチャートが並んでいたものの、それらの会社への投資には踏み切れず、代わりにということでホーム・デポを購入したのでした。

結果、株価はその後も力強い伸びを見せ、一旦買い増しをしたもののそれを入れても70%以上のプラスになっています。

高配当でもあり、当面継続保有

また、米国Yahoo!Financeで見る限り、1980年代末から増配を続けておりまして、現在でも配当利回りは3%弱と、そこそこの高配当銘柄でもあります。近年の配当の伸びも素晴らしいです。

個人的に世界の地域別では中長期的な米国重視で行く方針でして、かつ不動産関連は強いと見ておりますので、米国REITのETFとともにホーム・デポも継続保有で、機会があれば買い増しをしたいと考えております。
利上げ後の混乱期は買い増しのチャンスと見ています。

それと、「小売」と言いつつも扱っている商品の性格上、リアル店舗による販売のメリットは大きいのではないかと考えていまして、アマゾンの猛攻で陰りが見えるウォルマートと違い、ホーム・デポの地位は当面は安泰だと思っているのですが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする