J-REITセクターの投資方針

bspaku_klakkws-e1447245603312
J-REITセクターへの投資方針です。

まず資産全体に対する配分としては現時点では14.4%ほどでして(資産配分の記事参照)、実は理想とする配分からすると、現時点はややオーバーウェイトです。

海外REITも含めたリート全体で20-25%程度が適当と考えていて、株式同様に日本だけを特別扱いしない観点からは海外REITの方が多くないとバランスが取れないものの現状は日本:海外の比率が3:2程度なので、多いのですよね。
ただ、現状は絶対額としては小さいものですし、投資活動を再開して本格的なポートフォリオの完成まではこれからというところでので、あまり気にせずに機会を見て買い増ししていく予定です。

J-REITというのは非常に日本人の心情にマッチした投資商品というか、個人的にはつい買ってしまうのでした。
日本人の不動産好き、定期的な現金収入、分かりやすい商品設計、値動きが株より少なさそう(本当はそんなことは無いけど)、にかなり響いているものかと。。

さて、現時点でのJ-REIT内での自分の投資方針ですが、

  • 統合型、複合型は避ける。単一分野へ特化した銘柄を選び、自分で構成比を決める。
  • 値動きが激しそうなオフィス系は避ける。ヘルスケアも今の所は様子見で。
  • 基本は商業施設、住宅、物流の三分野。ホテルも少し。
  • 各分野で2-3銘柄に分散。その際、スポンサーの大小、利回り(信用度)などの組み合わせを考慮する。

のように考えています。決算時期はあまり気にしていません。
今の所の反省点としては、投入額がまだまだ小さいので投資口価格が小さい銘柄に偏っていることと、利回りとスポンサーくらいしか見ていなく、財務諸表その他の分析まで至っていない、ということでしょうか。
インデックスファンドの積立は続けておりましたが、直近数ヶ月の低迷期に積立の増額や個別銘柄の仕込みが出来なかった、のも反省です。

それと、、今後中長期的な展望に立った際、「出口戦略」をどうするか。2020年以降の反動、人口減少など、これは重要な課題ですので、いずれ日を改めて書いていく予定です。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Id_20151123