住宅ローンを抱えながらの投資・資産運用はあり?

6b0bf115e0c24e772e4d0a0f61c2b699_s-e1445838495734
住宅ローンを抱えながらの投資はあり?

結論から言って、自分が今行って(しまって)いるので、「あり」としておきましょう。

住宅ローンはレバレッジをかけた不動産投資であり投資なんてとんでもないという意見の一方、住宅ローンは国策で利率や控除などが優遇されている「良い借金」であり投資リターンがそれを上回っている限りは借りなきゃ損という意見もあり、話の種は尽きないかと思います。

行った方が良いと自分なりに考えた理由ですが、

  • できれば常に資産運用の場に身を置き、感覚を鈍らせない方が良い。
  • ローン完済時点でゼロから再開でなく、ある程度の規模の運用資産を持っていた方が良い。

などです。まあ、「我慢できなかった」というのが正直なところかもしれません。。
再開する条件ですが、自分の場合は下記のようなものを設定し、それを(ほぼ)クリアできたと判断した時点から、徐々に「解禁」していきました。こんな感じです。

  • 「金融資産-住宅ローン残高」がプラス。
  • 住宅ローン残高が年収の2〜1.5倍程度以下。
  • 月々返済額中の利息部分が15,000円以下。

もちろん人によって状況は異なるので数値は変わってくると思いますが、ようは「その気になれはローンを完済出来る」とか「投資のインカムゲインでローンの利息部分を相殺して且つプラスに出来る」とか、数字で明確に判断できる基準であった方が良いでしょう。
また、

  • リスクを抑えた運用。
  • 繰上げ返済も継続して行う。

も決めています。繰上げ返済は(これも本当に人それぞれなので、あくまで自分の場合)当初は「期間短縮型」で行っていて、ローン期間が残り10年を切って投資を再開した時点からは「返済額軽減型」にして、「返済額が減った分だけ投資額を増やす」というようにしています。

というようにつらつらと書いていて気付いたのは、やみくも行うのではなく、自分でルールを作って自分を従わせる、ということが大事なのでしょうか。

参考にしていただければと思います。
(あくまで最終的には自己判断でお願いします)

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Id_20151123