[3476]投資法人みらいが12/16に上場。三井物産系の総合リート。


新規上場のリートの話題です。
三井物産と中国・復星集団(フォースングループ)傘下のイデラ キャピタルマネジメントがスポンサーとなった総合型REIT(不動産投資信託)となります。

そうですか、中華系ですか。。

スポンサーリンク
Id_20151123

未来志向

みずほ証券さんのウェブサイトに「新投資口発行及び投資口売出届出目論見書」のPDFが掲載されています。
投資法人みらい(PDF)
表紙に超みらいチックなイラストが使われており、その下に小さい字で「この表紙には、本投資法人の名称である「みらい」をイメージして、近未来の都市の想像図を掲載しています。しかしながら、かかる近未来の想像図に記載の建物は本投資法人にて取得 を予定するものではありません。」と書かれているのが笑えます。
そう思い込む人は皆無でしょうが、律儀というか。
表紙のテイストは三井と言うよりはイデア側の趣味でしょうか。。

概要

目論見書を見てみます。

  • オフィス、商業施設、ホテルの総合型。将来的にはヘルスケア施設や産業用不動産も
  • 東京圏80%以上
  • 約1,000億円からスタート
  • オフィスの三物件で60%強を占める
  • ホテルは地方都市(あ、京都は「地方」では無いか)

となります。
期間物件のオフィス三棟のNOI利回りがそれぞれ4.4%, 5.1%, 3.8%だそうです。ちょっと心配??

見送りで。三井パワーは通用するか

外資がらみの総合系リートと言う時点で既に自分的には対象から外れてますし、最近はリートのIPOもイマイチな展開が多いことから、見送りですね。

三井不動産系の「三井不動産ロジスティクスパーク投資法人」が例外的に利回り3%を切ろうかというレベルでの推移となっていますが、三井物産のブランド力は今回はどの程度有効なのでしょうか。。

リートの市場全体の拡大自体は歓迎すべきことではあります。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする