[1555]上場インデックスファンド豪州リートから2016年10月収益分配金。


保有銘柄である[1555]上場インデックスファンド豪州リート(上場Aリート)から分配金がありました。
SBI証券のNISA口座で保有しているので非課税でして、今回も前回と同じく170口分保有で入金額は1564円です。

スポンサーリンク
Id_20151123

貴重な「日米以外」の国別リート

上場インデックスファンド豪州リート(1555)はその名の通り、豪州に上場しているリートから構成されるETFとなります。
東証上場ですので国内口座で日本株と変わりなく取引できるのでとても便利ですね。

ただし、、毎回のように買いていますが注意が一点必要なのは、このETFは「豪州に上場しているリート」で構成されているということです。
そんなことは分かっている、名前の通りだろう。それの何が注意なんだ??となるかも知れませんが。。

注意点というのは、このETFを構成するリートはあくまで豪州に上場しているものの、そのリートが豪州以外の国や地域の不動産に投資していることがあるということです。

このETFを構成するリートが投資している不動産の国別の比率というのは、以前ずい分と調べましたが、正確なものは分からずじまいです(常に変動しているでしょうし)。

これも毎回引用していますが、ETF全体ではなく、組み入れている1つのリートについての国別比率を載せている記事があります。
豪州を中心にグローバルなリート投資が可能。投資家ニーズに沿った隔月分配で運用 東証ETF(K-Zone Money)
(これと、ETF全体の数字を混同している記述があるので注意)
ちなみに、上記の記事によるとWestfield Groupというリートの2010年の情報で「豪州49%、米国33%、英国14%、NZ4%」だそうです。
予想以上に多国籍なのでした。

と言っても、リートを「先進国」や「新興国」、「世界丸ごと」ではなく国別に投資しようとすると、「日」「米」に偏ってしまいがちな中、この1555は貴重なそれ以外の国別リートETFなのでした。

ですので、日米のリート買いましに呼応して、常にある程度の分量は保有しておこうと考えています。

激し不調な最近

しかし、、この1555は最近はとても不調です。
3ヶ月ほど前の年初来高値から、1割以上下落してしまいました。。

私はこの銘柄はNISAで買っています。
今年のNISA枠はそろそろ終わりなので、あと10口買えるかどうかというところですが、もう少し様子をみて買うかどうか決めようと思います。
来年以降も、少しずつ買っていく予定です。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする