[KO]コカ・コーラから2016年3回目の配当金。配当王。


保有銘柄であるコカ・コーラ(KO)から配当金の入金がありました。
SBI証券のNISA口座で保有しておりまして、入金額は$67.73でした。
配当金は預かり金に貯めておき、米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

53年増配の配当王

コカ・コーラといえば言わずと知れた飲料業界の大物で、投資対象としても連続増配を続けていることやバークシャーの持ち株で大きな割合を占めるなど、話題に欠かさない銘柄だと思います。
Coca-Cola Co.(dividend.com)

KOこと「ザ・コカ・コーラ・カンパニー」はコーラ原液の製造と「ボトラー」への供給、あとはブランディング、マーケティングに特化した会社でして、世界中でコカ・コーラを製造販売を行っているのは各地の「ボトラー」となります。
付加価値の高い上流工程に経営資源を集中させているのですね。
この辺は復活後のアップルのお手本になっているのかもしれません。

継続保有で

私がこのKOを購入したのは2014年となります。この年はNISA枠のほぼ全額をこの一銘柄に突っ込みました。
SBI証券では米国個別株はNISAでの手数料優遇が無いにもかかわらず、です。

購入時期が比較的最近ということもあって、今はちょっとした株安でも評価損になってしまったりしています。。

さらに世界的な健康志向の高まりや、「砂糖税」なる清涼飲料狙い撃ちの税金が世界各地で勃発していたりして、逆風に包まれております。
しかし、当面保有の考えで、大きく下落したならば、買い増しも検討します。
人が甘いものを好む限り無くならないでしょうし、健康志向への対応も抜かりなくやってくれると思っています。

また、もしかしたら、KOは将来的にはPMやMOのような存在になるのかも知れません。それならそれで、投資対象としては魅力的ですね。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする