[DHS]ウィズダムツリー米国株高配当ファンドから2016年8月分の分配金


保有銘柄であるウィズダムツリー米国株高配当ファンドから2016年8月分の分配金の入金がありました。
このETFの分配金の報告は今月に入って二回目となりますが、前回は現地での7月分の支払いが国内口座に反映される際に期ズレを起こしたものですので、今回が実際の8月分となります。

税引き後の入金額は$6.30となっております。
分配金はSBI証券の預かり金に貯めておきまして、米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

シーゲル博士

毎回書いておりますが、このウィズダムツリーというのはETFに特化した米国の運用会社でして、資産規模は第5位、そして米国株投資家にはお馴染みのジェレミー・シーゲル博士がアドバイザリーを務めていることで知られています。
日本で本格展開し始めたのは割と最近のようですが、モーニングスターや証券会社のイベントなどでちょくちょく見かけるようになってきているので、今後知名度も上昇していくのでは無いでしょうか。

独自の指数

このETFはその名の通り、米国株の高配当銘柄に分散投資するETFです。
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(ウィズダムツリー)
銘柄としては
ウィズダムツリーのETFの特徴としては、連動を目指す指数にS&P500のような既存のものではなく、自社で独自に編み出した指数を用いていることが挙げられます。
このETFの場合も「WTHYE ウィズダムツリー ハイディビデンド・インデックス」という指数に基づいておりまして、時価総額と流動性が考慮されているようです。
WTHYE ウィズダムツリー ハイディビデンド・インデックス(ウィズダムツリー)
最新のデータだと上位にはAT&T、エクソンモービル、ベライゾン、シェブロン、GEなどが並んでいます。
エネルギー、不動産、通信の比率が多いようです。
※この記事を書くために最新データを公式サイトで見ましたが、指数の構成銘柄や業種とETFの構成銘柄や業種に割と乖離があります。近々リバランスがあるのでしょうか。。

とりあえず様子見でそのまま

このDHS、SBI証券のキャンペーン目当てで購入したものです。
その後の株価上昇で含み益も出ているのでそのままにしているのですけど、今後どうするかは悩ましいところです。
コスト的にはバンガードなどの方が優位ですし、利上げも見えてきて米国株の調整がありそうだという話ですし。

往復の売買手数料は分配金でいただきましたし、年末にかけての展開によっては見直し対象になるかもしれません。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする