[FX]アイネット証券がサービスを整理中。ループイフダンへの戦力集中か。


FX(外国為替証拠金取引)のアイネット証券から最近お知らせが相次いでおりまして、システムトレードの一部サービス終了やら通貨ペアの終了などを急いでいるようです。

スポンサーリンク
Id_20151123

ループイフダン以外のシストレを終了。

数週間前に、こんなお知らせが出ました。

【シストレi-NET】一部売買システムの取
扱い終了について(アイネット証券)

現在、アイネット証券で取り扱っております「シストレi-NET」サービスにつきまして、
お客様により良い環境でお取引いただくため、全面的なシステムの再構築を進めております。

それに伴いまして、誠に恐縮ではございますが、「ループ・イフダン」を除く
売買システムにつきましては、2016年9月を目処に取扱いを終了とさせていただきます。

結構大胆な決断ですね。

また、シストレでない「アイネットFX」でもマイナー?な通貨ペアを終了するようです。
【アイネットFX】一部通貨ペアの取扱い終了について(アイネット証券)

  • 香港ドル/円(HKD/JPY)
  • デンマーククローネ/円(DKK/JPY)
  • ノルウェークローネ/円(NOK/JPY)
  • スウェーデンクローナ/円(SEK/JPY)

ループイフダンの強化を切に願う

当然、目的は「ループイフダン」の強化と思いますが、これは是非ともお願いしたいところです。
他社の自動リピート発注系システムはよくわかりませんが、シンプルで低コストな「ループイフダン」は非常に気に入っておりまして、四六時中相場に張り付いている訳に行かない会社員の身には、ありがたいシステムです。
”為替の大きな方向感さえ間違わなければ”(ココは重要)、チャート分析やらタイミングを計ったりなどは不要で、かなり放置でも着々と決済益を積み上げてくれます。

(ちなみに、、一方で米国株中心の長期投資を行いながら、なぜにFXという投機を行っているかというと、「レバレッジ」「売りから入る」という株式長期投資では行えないことを実践して感覚を磨いておきたいのと、現時点の中期的な円高の流れの中で、「ドル売り・円買い」が米国株投資(資産に占める米ドルの比率が高い)に対してのヘッジになっているから、ということが挙げられます)

が、ループイフダン、肝心なところで約定しなかったり、スマホで操作できなかったり、雇用統計などで祭りになるとログインすらできなかったり。とにかく脆弱&使い勝手の悪さが目立ちましたので、改善を望みます。。

「ユーザーからの意見募集」なら、喜んで協力しますよ。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする