[VIG]バンガード米国増配株式ETFをNISA口座で少量買い増し。


SBI証券の預かり金に貯めてきた米国株やETFの配当金・分配金がある程度の額になりましたので、バンガード米国増配株式ETF(VIG)を購入しました。
今回はほぼ外部からの資金注入なしの配当金・分配金の積み上げのみで買えたので、非常に良い気分です。

スポンサーリンク
Id_20151123

最近注目している「増配」投資

このVIGは、その名の通り、米国株で「増配」に着目した銘柄に投資しているETFです。
バンガード米国増配株式ETF(PDF)(www.vanguardjapan.co.jp)
以下、上記の公式ページやdividend.comなどからみたVIGのスペックです。

指数
NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックス
銘柄の選定基準
10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株。増配の可能性が低い銘柄は除外。REITも除外。
経費率
0.09%!
構成株式銘柄数
186
売買回転率
21.6%
利回り
2.07%

銘柄数がある程度絞り込まれて少ないのと、業種別構成で金融とエネルギーの比率が小さいのがお気に入りです。
10年以上、という条件ゆえ、リーマンショックを乗り切れなかったということでしょう。
難点を言えば、このETF自体の利回りはそれほど高くない、という点です。
ここは高配当の個別銘柄や、高配当ETFで補完していくことになります。

私は高配当よりも増配という観点で選ぶならこのVIGだろうということで、昨年からNISAで購入を始めました。
SBI証券なら購入時の手数料が無料ですので、少額でコツコツ買い増し、を続けています。

しばらくは買い増しで

このVIG、投資額は今のところ4,000ドルに満たないので、まだ買い増しを続けたいと考えています。
最近の戦略として、ポートフォリオ中の個別銘柄での価格変動の影響を和らげるためにETFの比率を高めたいと考えていまして、そのための中核としてこのVIGを据えようと考えている次第です。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする