[FX]ループイフダンUSD_S25報告(2016/8/5まで)。約390pipsの決済益。そろそろ設定を見直しか。


1月から始めたFXの自動発注システム「ループイフダン」の週次報告です。
※並行して稼働させていた「豪ドル買い」システムは6/24に停止しました。
今回は2016年8月1日から8月5日までのものとなります。
ループイフダンはアイネット証券が提供しているシステムトレードの売買システムの1つです。
驚異的な勝率を誇り最近注目のようなので、まずは1,000通貨単位で始めてみました。
ループイフダンの説明は下記の公式ページよりご覧下さい。
オリジナル売買システム「ループ・イフダン」(アイネット証券)

スポンサーリンク
Id_20151123

現在の運用状況

累計の表に毎回、先週分を追加していくことにします。
稼動システム:ループ・イフダンS25_25 通貨ペア:USD/JPY
通貨単位:1,000 最大ポジション数:40 重複注文:許可しない

期間 決済回数 確定損益 累計の確定損益 未決済ポジ評価損
2016年1月11日~2016年1月15日 17回 +¥4,908 +¥4,908 -¥169
2016年1月18日~2016年1月22日 17回 +¥4,986 +¥9,894 -¥16,290
2016年1月25日~2016年1月29日 14回 +¥5,332 +¥15,226 -¥49,180
2016年2月1日~2016年2月5日 33回 +¥9,505 +¥24,731 -¥2,447
2016年2月8日~2016年2月12日 68回 +¥19,732 +¥44,463 -¥8,236
2016年2月15日~2016年2月19日 19回 +¥5,417 +¥49,880 -¥4,099
2016年2月22日~2016年2月26日 17回 +¥4,746 +¥54,626 -¥16,038
2016年2月29日~2016年3月4日 20回 +¥5,543 +¥60,169 -¥16,057
2016年3月7日~2016年3月11日 18回 +¥5,144 +¥65,313 -¥14,626
2016年3月14日~2016年3月18日 24回 +¥6,370 +¥71,683 -¥2,126
2016年3月21日~2016年3月25日 6回 +¥1,784 +¥73,468 -¥12,572
2016年3月28日~2016年4月1日 12回 +¥3,481 +¥76,949 -¥2,050
2016年4月4日~2016年4月8日 23回 +¥6,094 +¥83,043 -¥514
2016年4月11日~2016年4月15日 11回 +¥3,040 +¥86,082 -¥2,313
2016年4月18日~2016年4月22日 5回 +¥1,314 +¥87,397 -¥31,965
2016年4月25日~2016年4月29日 32回 +¥18,601 +¥105,998 +¥87
2016年5月2日~2016年5月6日 13回 +¥4,005 +¥110,002 -¥4,751
2016年5月9日~2016年5月13日 11回 +¥2,980 +¥112,983 -¥18,304
2016年5月16日~2016年5月20日 6回 +¥1,667 +¥114,650 -¥41,119
2016年5月23日~2016年5月27日 8回 +¥2,667 +¥117,317 -¥45,904
2016年5月30日~2016年6月3日 25回 +¥8,683 +¥126,000 -¥2,053
2016年6月6日~2016年6月10日 13回 +¥3,205 +¥129,204 -¥2,710
2016年6月13日~2016年6月17日 17回 +¥5,406 +¥134,610 -¥800
2016年6月20日~2016年6月24日 21回 +¥5,731 +¥140,342 -¥47
2016年6月27日~2016年7月1日 14回 +¥4,136 +¥144,477 -¥2,754
2016年7月4日~2016年7月8日 18回 +¥4,715 +¥149,193 -¥190
2016年7月11日~2016年7月15日 24回 +¥5,334 +¥154,526 -¥44,092
2016年7月18日~2016年7月22日 21回 +¥6,342 +¥160,868 -¥56,349
2016年7月25日~2016年7月29日 48回 +¥15,009 +¥175,877 -¥5,547
2016年8月1日~2016年8月5日 15回 +¥3,909 +¥179,786 -¥5,706

(実効レバレッジ:0.74 口座維持率:3329.69%)
6/24に停止した豪ドルB20の確定損失:-¥87,841
だいぶ表が長くなってきたので、途中のものはまとめておきたくなってきました。
週の区切りと月の区切りが一致しないのが考えどころです。。

週間の概況

この週は金曜に為替業界のビッグイベント「米国雇用統計」がありました。
たいていいつもは雇用統計のある週は大商いとなるのですが、それほどでもなかったようです。
前週のFOMCと日銀金融政策決定会合で疲れてしまったのでしょうかw

雇用統計はやや強めの数値でしたが、大幅に円安に振れることもなく、円高圧力の強さを表しているようです。

ループイフダンの設定はこの本を参考にさせていただきました。

米国株のヘッジとして機能

今年一月に開始してすでに7ヶ月以上経過しているこのシステム、上下動を繰り返しながらもトータルでは円高方向に動いた為替動向に追従し、それなりの成果を出してきました。
私は一方で米国株の現物を保有しているので、円高へのヘッジにもなったと考えていまして、それなりに満足しています。

現在稼働している「円買い」はマイナススワップが貯まっていくので、その精神的重圧に耐えての成果ですね。
FX利用者には、このスワップポイントにかなり重きを置いて、スワップがマナイスになるポジションをかたくなに忌避したり、「為替が反対に動いたらスワップで耐える」などという行動をとる場合があります。
が、たいていの場合は為替変動によってスワップなど吹っ飛んでしまうのが通常ですので、「スワップ派」は報われないというのがコンセンサスでしょう。

狭い値幅での長期戦は不利

ですが、このループイフダンなどの一定の値幅で売買を繰り返す自動システムに関しては、長期戦になるにしたがって、スワップ自体も無視できないものになりつつあります。

これらは設定した値幅で決済していくので、利益をできるだけ引っ張って上乗せしてから決済、ができませんので。
例えば、私の使っているシステムで今現在最も古くから残っているポジションは約1ヶ月前のものですが、すでにスワップは-114円に達しています。
これが将来決済される際に決済益から差し引かれることになるので、250円で決済されても最終的には136円しか残らないことになってしまうのです。

ですので、「マイナススワップになる通貨ペアを狭い値幅の設定で長期に稼働するのは不利」と言えます。
今までこれは分かってはいたのですが、実際にはループイフダンは成り行き発注なので実績として250円以上で決済されることが多く、スワップを補ってなお利益が十分出ることが多かったので、目をつぶってきました。

ですが、これも最近は崩れてきているようで、指定値幅以下での決済も増えてきているので、そろそろ潮時かと感じ始めています。
S25の上はS50という50銭幅のシステムがありまして、これならやや余裕をもって続けられそうですので。

それ以前に、この円高トレンドがいつまで続くかというのも重要ではあります。。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする