マリモ地方創生リート投資法人(3470)は厳しい出だし。

JPX
投資はしておりませんが、気になるので。。

 7/29に東証に新規上場したマリモ地方創生リート投資法人(3470)は、公募価格92,000円に対して初値が88,500円、終値が81,500円という、非常に厳しい結果となりました。
Yahoo!ファイナンスの1日チャートです。

マリモ地方創生リート投資法(3470)

マリモ地方創生リート投資法人(3470)


まあ、7/29といえば前々日にFOMCがあって、当日は日銀金融政策決定会合があってヘリマネ発動か?と騒がれていた渦中ですので、よりによってこんな日に上場するのはタイミングが悪いと言いますか。。

スポンサーリンク
Id_20151123

中小スポンサー、地方、総合

マリモ地方創生リート投資法人の特徴は、上記に挙げた3点「中小スポンサー、地方、総合」であると思います。
メインスポンサーの株式会社マリモは広島に本拠を置く不動産デベロッパー、投資地域は名称の通りに東京圏以外に重点(80%以上)、そして投資対象を限定しない総合型、です。

これは、私がリートに望むものとは真逆なのです。。
投資するなら「大手スポンサー」「大都市集中」「特化型」だと考えて、それを実践しています。商業施設系とホテル系はその性質上、地方比率は高めだと思いますけど。
ということで、このリートは上場前から投資対象から外していました。

といっても、私個人は「地方創生」とか「日本を元気に」というようなコンセプトは嫌いではなく、むしろ地域が特色を活かして活性化を図っていく活動をいつかは支援したいと考えているのですけど、こと現時点での投資と考えると、それは別となります。

値動きと利回り次第では視野に

ということで現時点では考えていないこの銘柄ですが、コンセプトとは関係なく、値動きと利回りに魅力が出てきたら、それはそれで投資対象に入ってきます。
このまま人気が出ずに価格が低迷し、でも分配金は割と安定していて利回りが高い、となるかどうか、しばらくは様子見にしたいかと。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする