2016年6月の配当・分配金実績。前月比では下げるも前年比では躍進。


今年も半分終わってしまいましたが、2016年6月に入金された配当金・分配金のまとめです。
この月の話題といえば何と言っても英国のEU離脱国民投票の衝撃の結果でしたが、配当金・分配金は淡々と入金されました。

スポンサーリンク
Id_20151123

2016年6月の配当・分配金実績

外貨のものは、今のところは日本円には変えずにそのまま運用に回しますが、計算上、入金を確認した時点での証券会社(私の場合、SBI証券)のウェブサイトに出ていた為替レートで日本円換算額を算出しています。
円高が進んで、月後半にちょっと円安に戻して、などとなっていますの、あくまで参考値という事で。

日付銘柄金額
(現地通貨)
金額
(日本円)
2016年6月8日PFF$38.09¥4,077
6月17日1555Aリート¥1,365¥1,365
6月17日HD$44.57¥4,655
6月27日DHS$4.77¥485
6月27日LMT$35.73¥3,635
6月28日IYR$51,39¥5,246
6月28日RWR$87.44¥8,926
6月28日VIG$14.06¥1,435
合計$297.60/¥1,365¥32,107

今月の概況

J-REITの分配金は無しでして、隔月の豪州リートの分配と、ほかは米国株口座への米国株と米国リートのETFのものです。
最近力を入れている米国リートETF2銘柄(IYRとRWR)が効いています。
前月比でいうとマイナスですが、前年同月比ではかなりのプラスとなっていまして、いちおう着々と成長しております。

今年も半分終わったわけですが、ほぼ目標値はクリアというところでしょうか。
例年、下半期は買い増しと増配で上半期よりも額が大きくなるので、年間目標の達成に期待したいと思います。

来月の展望

買い増しているアルトリア・グループ(MO)の配当金が入る月なので、期待です。
グラクソ・スミスクライン(GSK)は前回4月は大盤振る舞いでしたが、今回はどうなるでしょうか。
ポンド安の影響もあるとた思いますが。。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする