[DHS]Widsomtreeハイ・ディビデンド・ファンドから2016年5月分の分配金


保有銘柄であるウィズダムツリー・ハイ・ディビデンド・ファンド(DHS)から分配金の入金がありました。
47株を保有しておりまして、税引き後の入金額は$5.44でした。

分配金はSBI証券の預り金に貯めておいて、追加入金と合わせて米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

毎月分配型

このDHS、毎月分配型のようでして、今回は2016年5月分の分配金となります。
他に優先株のETFやハイイールド債のETFも毎月分配型ですので、米国でも高利回り系のETFは毎月分配と位置づけられているのでしょうかね。
運用的には分配の頻度は低い方が有利でしょうから、せいぜい四半期でも良いとは思うのですが。

シーゲル博士がアドバイザリー

ウィズダムツリーは馴染みが無い方もいるかと思いますが、ETFに特化した運用会社で、ETF市場では第5位の規模になります。
また、米国株長期投資家にはお馴染みのジェレミー・シーゲル博士がアドバイザリーとして関わっている事でも有名です。
記事冒頭に掲げた氏の著書「株式投資の未来」は必読書です。

その他ウィズダムツリーの特徴としては、S&P500など既存のインデックスでは無く独自のインデックスに基づいたETFを組成している事が挙げられます。
今で言うとスマートベータ的な運用と言えるでしょう。

DHS概要

このDHSの概要は下記のようになっております。

  • 指数:ウィズダムツリー・ハイ・ディビデンド・インデックス
  • 銘柄数:451(2015年12月31日現在)
  • 経費率:0.38%
  • 時価総額:$909.34M(2015年12月31日現在)

組み入れ上位銘柄は以下の通り。

  1. Exxon Mobil
  2. AT&T
  3. Verizon Communication
  4. General Electrics
  5. Chevron Corp
  6. Procter & Gamble
  7. Pfizer
  8. Wal-Mart Stores
  9. Phillip Morris International
  10. Coca-Cola

極めて普通ですね。

継続保有です

このDHS、もっと低コストの「高配当株ETF」もある中なぜ保有しているかというと、以前SBI証券で行っていたキャンペーンで同社のETF購入に対しての賞品がシーゲル博士直筆サイン入り「株式投資の未来」だったからです。
ちなみにキャンペーンは見事に当選しまして、サイン本は我が家の家宝になっております。
そんなところでありまして、このDHSはすぐに売れるわけも無く、当面キープの予定です。
株価的にも購入後に好調でして、その点も満足です。

ジェレミー・シーゲル博士の直筆サイン

ジェレミー・シーゲル博士の直筆サイン

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする