[RWR]SPDRダウ・ジョーンズ REIT ETFをNISA口座で買い増し


米国の利上げが見えてきたのか、米国リートのETFが下げていましたので、以前からNISA口座で買い進めていたSPDR ダウ・ジョーンズREIT ETF(RWR)を追加購入しました。
と言っても、5株ですけど。
まあ、安い時を見計らって少しずつ買っていくのが良いと考えていますので。。
SBI証券だとNISA口座では海外ETF買付時手数料が無料ですので、こういった事が可能になります。

スポンサーリンク
Id_20151123

個別銘柄が買えない米国リート

何か理由があるのか、今のところ日本の証券会社では、個別の米国株は買えても、米国リートは買えないようで、SBI証券、マネックス証券、楽天証券などの取り扱い銘柄のラインナップには載っていません。
(以前はSBI証券では買えたようですが、今は出来ず)
ですので、米国リートに「低コストで」投資しようとした場合、インデックスファンドかETFを使うことになります。
インデックスファンドはeMAXISやSMTから出ています。
eMAXIS米国リートインデックス(eMAXIS)
そして
SMT米国REITインデックスオープン(SMT)
これらは円建てですし、少額から積み立て出来るのでそれはそれで良いと思いますが、私の場合は分配金を貰ってそれを再投資したいので、ETFにしています。
米国リートのETFといえば、今回購入したSPDRのRWRと、iシェアーズのIYRが双璧です。

IYRとRWR

このIYRとRWR、ともに米国リートを対象としたETFですが、実はベンチマークとしているインデックスが異なっていまして、値動きは微妙に異なります。
過去に比較した記事はこちら。
[IYR][RWR]米国REIT指数のETF比較
経費率と利回りも違いがありまして、今のところ「コストに勝るRWRだが利回りでは負けている」状態です。
だったらIYR一本に絞った方が良いんじゃないか、というところですが、既に一般口座でIYRを持っていたこともあり、分散の意味も有ってNISAではRWRにしました。

利上げに対しては買い向かい

今の時期に米国リートを買うというと、「米国が利上げされると資金調達面で不動産関連は不利、従ってリートは下げる」という連想が起こります。
が、、少なくとも過去の利上げ時にはそれは逆でして、利上げ前と利上げの初期には下げるものの、いずれ上昇していきます。
利上げと米国REITの見通し。各社の情報から。
いちおう、今回もこのシナリオになると考えています。

海外リートは積極的に

私のポートフォリオでは日本と海外の比率では時価総額ベースを基準にしようとしています。
そうすると現状のJ-REIT投資額に対しての海外リートはもっと増やさないといけないところでして、、今後も更に買い増しを進める予定です。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする