[3281]GLP投資法人から2016年1回目の分配金。時価総額最大の物流系リート。利益超過分配金あり


保有銘柄であるJ-REIT、GLP投資法人(3281)から分配金の入金がありました。
こちら、今年に入って買い増しておりますので7口を保有でして、入金額は課税された通常の分配金11,531円と利益超過分配金が今回は当初は課税されずに2,100円、の入金となりました。
この利益超過分配金はGLPの特長のひとつなのですけど、今回はやや面倒なことになったようです。

スポンサーリンク
Id_20151123

利益超過分配金

尚、私は税務の専門家ではありませんので、ここに書いていることの完全性を保証できませんので、最終的には各自でご判断ください。
利益超過分配金とは

REIT(不動産投資信託)など会社型投資信託(投資法人)における資本の払い戻し(減資)に相当する分配金のことで、OPD(Optimal Payable Distribution)とも呼ばれる。国内上場REITは、主に倉庫などの物流施設に投資するREITが通常の利益を原資とする分配金のほか、利益以外を原資として払う分配金の一部として採用し始めた。
証券用語解説集(野村)

というものでして、平たく言うと分配金額を押し上げてくれる、とてもありがたいものです。
が、、今回はちょっとそれがややこしい感じでして、

今回の利益超過分配金は、全額が「出資等減少分配(出資総額からの分配のうち一時差異等調整引当額の分配以外のもの。以下同じ。」となり、税務上の「資本の払い戻し」に該当しません。そのため、「みなし譲渡損益」が発生することになりますが、税務上の配当所得には当たりません。
(GLP投資法人から郵送された書類より。原文ママ)

となっています。
一読しただけではさっぱり意味が分かりません。厳密な書き方のようで「等」が繰り返されているし、そもそも括弧()が閉じてないし。。
余談ですが、括弧は「以下」の直前で閉じるのでしょうね。
この書類は詳しい説明が書かれているので、これから読解です。
しかも私の場合は一般口座と特定口座に跨って保有しているので、二つのパターンについて理解せねばならず、面倒2倍となります。
まあ、確定申告は来年2-3月なのでまだまだ時間はありますので。

物流特化型リートの雄

今回、とても面倒なことをしてくれたこのGLP投資法人ですが、それを抜きにすれば投資口価格(株価)も好調ですし、分配金利回りもそこそこ高いので、気に入っている銘柄です。
私はリートの投資では「総合型」を好まず、「特化型」を自分で好きに組み合わせて持ちたいと考えて、それを実践しております。
このGLPは「物流系」における主力の銘柄です。
ただ、現在のポートフォリオ中では全体に占める比率はやや高めになっているので、これ以上の買い増しは抑えておいて、物流系で買うなら他の銘柄ですかね。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする