[ABBV]アッヴィ、がん治療薬メーカーを買収。事業の多角化推進中も、やや危なっかしい。


持ち株に関するニュース整理。今回はアッヴィ(ABBV)につきまして。
がん治療薬の開発会社を6300億円で買収です。
米アッヴィ:がん治療薬開発のステムセントルクス買収へ-株価は下落(ブルームバーグ)
米バイオ製薬アッヴィ、がん治療薬メーカーを買収 6300億円で(nikkei.com)

スポンサーリンク
Id_20151123

買収が活発なアッヴィ。やや危うさも、、

アッヴィはアボットラボラトリーズ(ABT)から分離・独立した製薬会社です。
日経の記事に「バイオ製薬」と書かれているように、旧アボットの新薬事業が母体でして、製薬会社の中では研究開発型というか、バイオベンチャーに近いものだという認識です。
という会社の成り立ちからか、株価は誕生以来かな上げていてうれしい限りだったのですが、日々の動きはかなり上下動が激しく、落ち着かない企業であります。
また、昨年くらいから株価上昇も止まってしまいました。。
ちなみに、配当利回りは意外と高く、3%台後半をキープしています。

ABBV2013年からのチャート(Yahoo!ファンアンス)

ABBV2013年からのチャート(Yahoo!ファンアンス)

事業の再構築中

株価上昇が止まったのと、最近企業買収を活発に行っているのは、日経の記事にあるように稼ぎ頭の関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」が特許の失効を迎えるからです。
アイルランドの製薬会社を買収しようとして断念したこともありました。
今回の買収も、割高だという声もあるようです。
実質的には経営統合を目指していて、課税回避だという批判もありました。

今後の動きに注目

とかなんとかで、最近のアッヴィをめぐる情勢は焦りが見えてくるようでして、今後はニュースにも注意していきます。
場合によっては売却も視野に入れています(残念ながら)。
ただ、、かなり株価が上昇しているので、利益確定すると税金が。。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする