日本郵政がREITへの投資に前向き。


日経にでていた日本郵政の長門社長へのインタビュー記事です。

ゆうちょ銀行のリスク資産の残高目標を引き上げる考えを示し、外国債券、国内外の株式のほか、不動産投資信託(ここではJ-REITのことでしょう)にも投資をしていくようです。

郵政の長門社長、外債・株式に投資増 REITにも前向き(nikkei.com)(2016/4/22)

記事によると見直しには金融庁の認許が必要なようなので、確定したわけではないようですね。
5月にある決算発表で16年度の目標額を発表するとのことです。

スポンサーリンク
Id_20151123

ゆうちょ銀行の不動産投資戦略は着々と進行

で、改めてニュースを拾っていくと、日本郵政やその傘下のゆうちょ銀行が不動産投資に本格的に参入してくことは少し前から話題になっていました。
株式会社ゆうちょ銀行が不動産投資部の新設を発表(japan-reit.com)(2016/2/1)

REITが軒並み高、ゆうちょ銀の不動産投資参入との報道で買い人気(kabutan.jp)(2016/4/4)
などなど。
新たなクジラがJ-REITへという感じですかね。

買い入れの基準は日銀と同じになるのでしょうか。
日銀は、どんなJ-REITを買い入れるのですか?(投信資料館)

これはフォローが必要な情報だと思いました。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする