[MO]アルトリアグループから2016年2回目の配当金。

保有銘柄であるアルトリアグループ(ティッカーコード:MO)から配当金の入金がありました。
60株を保有しておりまして、税引後の実際の入金額は$24.39でした。入金確認時点での為替レートで計算した日本円換算額は2,642円となります。
配当金はSBI証券の預かり金に貯めておき、追加入金などと合わせて米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

米国の内需株

で、このアルトリアグループなのですが、事業内容を具体的に書くとGoogleの規定に引っかかりそうですので前回同様、自粛させていただきます。。
全体の特徴のみ述べますと、数年前に(米国から見た)海外事業を「フィリップモリス・インターナショナル(ティッカーコード:PM)」として分社化していますので、現在は「米国における内需関連株」と言えるでしょう。
また、さらに前には「クラフトフーズ(ティッカーコード:KHC)」も傘下にあったのですがこれも分離しており、今は本業に特化している状態です。

株価は好調

株価ですが、好調そのものです。

アルトリア・グループ(MO)5年チャート:Yahoo!ファイナンス


5年チャートで見ても、綺麗な右肩上がりです。
イメージ的には健康志向の高まりで「顧客」が減少し、政府の規制も年々強化されてきて、値上げを繰り返している。という感じなのですが、収益には関係ないのか、業績も良いようです。
増配も継続しています。
やはりこの辺、イメージで判断してはいけないようです。

買い増しをしたい個別株

ということで、このアルトリア・グループ、機会があれば買い増しをしたいと考えています。
米国株セクターはETFの比重を高めていく予定ですが、個別株で買い進めたい数少ない銘柄の1つです。
この銘柄を買う際の狙い目は何と言っても、米国政府等からの規制が強化されたり、高額の訴訟が起きたりして株価が大幅に下落するタイミングです。
しかし、、この企業の主力製品はいかに規制強化されようと、おそらく人類の歴史が続く限りは無くならないでしょう。
この辺はコカ・コーラ(KO)にも通じるところがあるのではないかと思います。
(ちなみに私はこの業界にお世話になったことは過去も含めてありません)

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする