[KHC]クラフト・ハインツから2016年2回目の配当金。


保有銘柄であるクラフト・ハインツ(ティッカーコード:KHC)から2016年1回目の配当金が入金されました。
120株を保有しておりまして、税引後の実際の入金額は$49.41でした。
入金確認時点での為替レートで計算した日本円換算額は4,511円となります。
円高の影響で、日本円換算額はかなり目減りしています。まあ、円にはしないので実際は関係ないのですが。。
配当金はSBI証券の預かり金に貯めておき、追加の入金などと合わせて米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

バフェット銘柄

このクラフト・ハインツ、もともとはクラフト・フーズ株を保有していたところ、ハインツと合併してしまい、クラフト・ハインツになったという次第です。
ハインツはバークシャー配下にありましたので、クラフト・ハインツもいわゆるバフェット銘柄化したこととなります。
合併発表時には株価は高騰して大喜びだった記憶があります。

株価はヨコヨコ

が、、新会社の発足で、すぐにでもバフェットの知識と経験で全てが上手く回り始める、となることはなく、株価は辛抱のしどころです。
下記はクラフト・ハインツの2年チャートです。

クラフト・ハインツ2年チャート(Yahoo!ファイナンス)


会社の発足以来の株価推移が見られるわけですが、ヨコヨコ展開が続いております。
コスト削減に励んでいる最中なのでありましょうか。
ただ、2月に発表された2015年10-12月期の決算が好調だったり、徐々に良いニュースも聞かれるようになっております。
米クラフト・ハインツ:10-12月利益、売上高予想上回る-調味料好調(Bloomberg)(2016年2月26日)

利回り3%切りだが、今後期待でホールド

旧クラフト・フーズ時代は高配当だったので購入したのですが、クラフト・ハインツとなってからは利回りは低下しまして、現在は3%を割っております。
ですが、、バフェット銘柄となり、かつディフェンシブの食品セクター、世界的に強いブランド、というこの条件を備えたこの株、特に手放す理由はありません。
バフェット銘柄となったことで更なる再編期待もありますので、その辺も気にしつつホールドを続けたいと考えています。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする