[RWR]SPDRダウ・ジョーンズ REIT ETFから2016年2回目の分配金。何気に堅調な米国REIT


保有銘柄であるSPDRダウ・ジョーンズ REIT ETF(ティッカーコード:RWR)から分配金の入金がありました。
115株を保有しておりまして、税引き後の入金額は$106.21でした。
SBI証券のNISA口座での保有ですので、国内非課税ですね。
入金確認時点の為替レートで計算いした日本円への換算額は¥11,942となります。
分配金はSBI証券の預かり金に貯めておき、追加入金とあわせて米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

米国REITに投資するETF

このRWR、その名の通り、米国のREITに投資するETFです。
公式ページはこちらとなります。
SPDR® ダウ・ジョーンズ REIT ETF (RWR US)
SBI証券やマネックス証券、楽天証券など、米国株を扱っている国内ネット証券会社でも、「米国REITの個別銘柄は買えない」ので、米国REITに投資する際にもっとも有効な手段は、このRWRか、ライバルであるブラックロックの「IYR」を買うこととなります。
ちなみに、積み立てしたいならSMTかeMAXISの「米国リートインデックスファンド」がおすすめです。
それ以外、「US-REITなんちゃらオープン」のような毎月分配型の投資信託は、コスト面で論外でしょう。

IYRとは細部が異なる

ETFとしてはこのRWRとIYRが双璧ですが、実はベンチマークの指数が違っていたりなど、相違点があります。
その辺、会社が違っていても「S&P500」など同一の指数に連動するETFとは様子が異なる点です。
[IYR][RWR]米国REIT指数のETF比較
比較すると、このRWRの方が低コストなのに、最近の利回りでは常に若干IYRを下回っているようです。
そして、IYRは「米国不動産ETF」なので、REIT以外も少しだけ含まれているなど、このセクターに投資するなら、多少は気にした方が良いでしょう。

実は直近は好調な米国REIT

そして、米国REITと言えば気になるのは「利上げの影響」でしょう。
ですが、以前調べて記事にしたように、過去何回かの利上げ局面では、米国REITは短期的には下げるものの、その後持ち直しているようです。
利上げと米国REITの見通し。各社の情報から。(2015年11月11日)
今回もそのセオリー通りなのか、また、利上げペースが緩やかになるということがコンセンサスになりつつあるのか、2月中旬辺りを底として、それ以降はかなり持ち直しています。
REITだけあって分配金もそれなりに多いですし、このまま保有し、持ちこたえる予定です。
また、以前から書いておりますが、私は経済発展や人口増加などで、米国の不動産市場は長期でも成長していくとみております。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする