2016年3月の配当・分配金実績。リートが多かった月。


月間の配当・分配金の実績を公開したいと思います。
今回は2016年3月分となります。

スポンサーリンク
Id_20151123

2016年3月の配当・分配金実績

外貨のものは、今のところは日本円には変えずにそのまま運用に回しますが、計算上、入金を確認した時点での証券会社(私の場合、SBI証券)のウェブサイトに出ていた為替レートで日本円換算額を算出しています。

では、実際の金額です。

日付銘柄金額
(現地通貨)
金額
(日本円)
2016年3月8日PFF$42.43¥4,803
3月23日ホテル・リート¥14,225¥14,225
3月25日HD$44.74¥5,066
3月25日LMT$35.67¥4,039
3月29日HDS$4.13¥469
3月29日VIG$11.07¥1,258
3月30日RWR(NISA)$106.21¥11,942
3月30日IYR$65.08¥7,315
合計$309.33/¥14,225¥49,118

大半が最後の一週間にどどっと入ってきた感じですね。
偶然かどうかというところですが、日米のREITからの分配金が多い月となりました。

月間の目標金額はひとまずクリア

今年は月間平均で4万円台半ばくらい、を目標にしているので、この額はクリアできました。
2月が少なかったので、「第一四半期」で見ると、目標は未達です。
まあ、米国株/ETFは配当支払いの日程が一定していないことが多いので、月単位で細かく神経質に見てもあまり意味ないのですけど。

個別銘柄について

RWRはステートストリートの「米国不動産ETF」でして、NISA口座で昨年からガシガシと買い増しているので、その成果が出てきました。
VIGはバンガードの「米国増配当株式ETF」でして、これもNISAで買い始めたお気に入りですが、まだ数量が少ないので、分配金額は少なめです。
DHSはウィズダム・ツリーの「ハイ・ディビデンド・ファンド」でして、ちょっとマイナーな毎月分配型ETFです。
その他、それぞれの銘柄からの配当金、分配金の記事を御覧ください。

[8985]ジャパン・ホテル・リート投資法人から2015年12月期の分配金。
[HD]ホーム・デポから2016年1回目の配当金。
[LMT]ロッキード・マーチンから2016年1回目の配当金。
[VIG]バンガード米国増配当株式ETFから2016年1回目の分配金。
[DHS]ウィズダムツリー・ハイ・ディビデンド・ファンドから2016年3月、初めての分配金。
[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFから2016年2回目の分配金。
[RWR]SPDRダウ・ジョーンズ REIT ETFから2016年2回目の分配金。

インカムゲインは心の安定剤

1-2月よりも株価は安定してきましたものの、昨年のイケイケムードからするとまだ復活は道半ばというところでしょう。
そもそも、4月1日の東証は大幅下落でしたし。
そうすると、やはり微力ながらもインカムゲインが有るというのは心強いものです。
金額的には月4-5万を越える辺りから、支出のうちの固定費と相殺できている感(あくまで「感」)が出てきて、感慨深いものがあります。
4月はポートフォリオ的には例年多めになる月ですので、これまた期待です。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする