[LMT]ロッキード・マーチンから2016年1回目の配当金。高配当銘柄

保有銘柄であるロッキード・マーチン(ティッカーコード:LMT)から配当金の入金がありました。
30株を保有しておりまして、税引き後の入金額は$35.67でした。当日の為替レートで日本円に換算すると4,039円となります。
配当金はSBI証券の預かり金に貯めておき、入金などと合わせて米国株やETFの購入に充当します。

スポンサーリンク
Id_20151123

最近は足踏みなるも、好調は持続

ロッキドマーチン3ヶ月チャート(Yahoo!ファイナンスより)

このロッキード・マーチン、毎度ですが事業内容を詳しく書くとGoogleの規定に触れる可能性がありますので、そこは割愛させていただきます。
株価は数年来の上昇軌道から外れておらず、5年で3倍、といったところです。
ただ、年明け以降の3ヶ月ばかりを見ると、さすがにと言いますが、ややヨコヨコ推移の株価です。
大きく崩れている、ということは無いでしょう。
これだけ上昇しているのにも関わらず、配当利回りは3%台となっており、増配も活発なことがわかります。

ロッキード・マーチン業績推移

 2015年2014年2013年2012年2011年
当期利益3,605M3,614M2,981M2,745M2,655M
一株当たり総資産(BPS)10.2210.8315,420.123.12
一株当たり利益(EPS)11.6211.419.298.487.90
一株当たり配当6.155.494.784.153.25
単位は米ドル。数値の完全性は保証しません。
配当の伸びが素晴らしいですね。
たしか、最近はヘリコプター大手の「シコルスキー」を買収しており、業界首位を固める手を着々と打っているようです。

同業のノースロップ・グラマンにも注目

株価好調で配当も申し分無いのですが、この業界で最近話題なのは同社ではなく、ライバルと言える「ノースロップ・グラマン(NOC)」ですね。
大型受注を手にしたというニュースが最近ありました。
世界投資へのパスポート第407回(diamond.jp)
この業界、私はロッキード・マーチンとレイセオン(RTN)を保有しておりますが、3社目をもし買うなら、断然このNOCことノースロップ・グラマンだと考えております。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする