[FX]ループ・イフダンAUD_B20報告(2016/3/25まで)。豪ドル買いシステム一週目。


FXの自動発注システム「ループイフダン」の週次報告です。
先週から豪ドルのシステムも開始しましたので、最初の報告です。
今回は2016年3月21日から3月25日までのものとなります。
ループイフダンはアイネット証券が提供しているシステムトレードの売買システムの1つです。
米ドルの売りシステムを1月から始めておりましたが、豪ドルは2,000通貨単位の買いで始めてみました。
ループイフダンの説明は下記の公式ページよりご覧下さい。
オリジナル売買システム「ループ・イフダン」(アイネット証券)

スポンサーリンク
Id_20151123

現在の運用状況

稼動システム:ループ・イフダンB20_20 通貨ペア:AUD/JPY
通貨単位:2,000 最大ポジション数:50 重複注文:許可しない

期間 決済回数 確定損益 累計の確定損益 未決済ポジ評価損
2016年3月21日~2016年3月25日 11回 +¥5,440 +¥5,440 -¥5,366

(実効レバレッジ:1.56 口座維持率:1590.46%)※米ドルも合わせた口座全体のもの。

週間の概況

この週はオーストラリアは他の欧米諸国と同様でイースターでして、金曜はシドニー市場は休場でした。
オーストラリアの場合、火曜までお休みのようです。
また、この豪ドル買いのシステムは週の途中から開始しているので、まるまる一週間稼働させていたわけではありません。
ではありますが、豪ドルの中では最も値幅の狭い(攻撃的な)システムであり、数量も2,000通貨としたので、決済益は5,000円オーバーとなりました。
なので素晴らしい、といきたいところですが、含み損もちょうど同じくらいになりまして、なかなか上手くいかないものですね。

なお、ループイフダンの設定はこの本を参考にしています。

今回は長期前提のシステム

米ドルは短〜中期で

並行稼働させている米ドルの方は「米ドル売り日本円買い」ですので、マイナススワップが貯まっていきます。
それは当然「円高米ドル安」を予想しているから選択しているのですけど、それがいつまで続くかというと難しいところですが、財政問題や人口減等々の事情を考えると、長い目で見れば「円安」と考えています。
なので、米ドルの方は常に終了時を探っている、ことになります。

豪ドルは長期

一方、豪ドルに関しては、長期を想定しています。長期ってどのくらいだ、と言われてもそこは微妙ですが。。
豪ドル買いシステムですので、スワップを貯めつつ、上がったり下がったりを見つつ、気楽に行こうと考えています。
値幅を20、最大ポジション数を50にしているので10円の下落まではポジションは増え続けます。
最終的には、15-20円程度まで逆方向に振れることは想定しております。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする