[8031]三井物産が創業以来の赤字。高配当でも買えない商社。


三井物産(8031)が創業以来の赤字となるというニュースです。
創業、というのは財閥解体後の1947年に現在の三井物産に直接繋がる法人の設立以来、です。
三井物産が創業来初の赤字、資源下落などで減損2600億円計上へ(bloomberg)

スポンサーリンク
Id_20151123

資源安の影響。資源非依存の伊藤忠は好調

資源価格の下落の影響がやはり大きいようです。
従来1900億の黒字が一転700億の赤字、となっていて、振れ幅大きすぎだろ、という感じですが。。
チリの銅山、豪州のLNG、石炭などで数百億単位での損失です。

一方、資源に依存しない収益体質となっている伊藤忠商事は好調のようです。
伊藤忠、悲願の商社トップへ…凋落激しい三井物産と住友商事、丸紅にも抜かれる危機(http://biz-journal.jp/)

この記事にもあるように、三菱商事、住友商事、丸紅も資源安で苦戦しているとのこと。

ちなみに、「アドバンス・レジデンス投資法人」は伊藤忠商事系ですね。

今期減配しないものの、来期は減配を示唆

総合商社と言えば最近は高配当ということで人気もありましたが、資源安の直撃で今後どうなるかはわかりません。
三井物産も来期の減配の可能性を示したようです。

そういう私は日本株の個別銘柄や大型株中心のインデックス運用からも撤退しているので、特に影響はありませんが。

が、かくいう私も目先の配当利回りに欲に負けて「住友商事」で大損したことがありまして、それ以来、商社株、特に大手総合商社には手を出すまいと決めていたのでした。
商社に賭けるのは危険なゲームですね。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする