[J-REIT]アドバンス・レジデンスとコンフォリアが決算発表で増益増配。


一月が決算期になるJ-REITの決算発表が先週、公開されているようです。
実際にはもっとたくさんあるのですが、自分が保有している住宅特化型の二銘柄について見てみます。
アドバンス・レジデンス投資法人(3269)
コンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)
の2つです。ともに、期初予想より増益で、分配金も増加しました。

スポンサーリンク
Id_20151123

アドバンス・レジデンス投資法人

概要はこちら
Kabutan News

  • 2016年1月期の経常利益は前期比0.1%増の59.5億円
  • (予想)2016年7月期の経常利益は前期比0.3%増の59.6億円
  • 分配金は前期比+6円、期初予想から+48円の4578円

説明会資料は公式サイトに掲載されています。
2016年1月期決算説明会資料(アドバンス・レジデンス投資法人)
まだきちんと読みこんでいませんが、賃料上昇に成功しているようです。稼働率向上と金利負担軽減もあるようです。
といいつつ、、伸びは鈍いですね。堅実といいますか。

コンフォリア・レジデンシャル投資法人

概要はこちら
Kabutan News

  • 2016年1月期の経常利益は前期比2.9%増の21.4億円
  • (予想)2016年7月期の経常利益は前期比3.2%増の22.1億円
  • 分配金は期初予想から+89円の4339円

こちらも、説明会資料は公式サイトに掲載されています。
2016年1月期決算説明会資料(コンフォリア・レジデンシャル投資法人)
こちらは、アドレジよりも伸びているようです。東京23区に特化しているのが功を奏しているのでしょうか。
規模はアドレジの1/3強のようです。

まとめ

住宅特化型はREITの中では安定していて、不動産市場が活況でもあまり上げない(その代わりに、不況でも落ちない)と言われていますが、そこそこの波及効果は住宅特化型にもあるようです。
資金調達時の金利負担軽減は遍く全てのREITに恩恵が有りますしね。

そして、私の持っている二銘柄ですが、アドレジはもともと安定感を買って保有しているので、これはこれで良しと見ています。
が、買い増しは当分ないかと。
コンフォリアはまだ伸びそうですので、再び下落したら買いに行くかも知れません。
もしくは、住宅系で3つ目の銘柄を探してみようかと考えてります。