(2/14)「ネットでNISAフォーラム」に行ってきた。竹中平蔵氏、武者陵司氏、インベスターZ、ボビー・オロゴン氏。

ネット証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)共催、ネットでNISAフォーラム2016 in 両国国技館、に行って来ました。そのレポートです。
が、、当日朝の首都圏は台風かと思うような暴風雨でして(最近の株式市場のよう←登壇者が皆これを話のネタにしていた。。)、自宅から最寄り駅まで行く間に身体中水浸しになってしまい体力を奪われ、またその他諸々のアクシデントのため、レポート出来る内容は少ないです。
下記の公式サイトに後日レポートが載るようですので、そちらも待ちましょう。
ネットでNISAフォーラム in Tokyo
ミニセミナーへは行かずにメイン会場のみで、かつ企業ブースも話を聞いたりはしていません。メイン会場のプログラムも半分くらいですね。

スポンサーリンク
Id_20151123

ネタ切れ感漂う、竹中平蔵氏

午前中のメインはこの手のイベントでは常連、竹中平蔵先生です。
が、、、私はけしてアンチ竹中ではなく、むしろ好きな方なのですけど、話の8-9割は今まで聞いた話。というか、1月の楽天証券のイベント時と殆ど同じ内容。
そうそう新ネタは仕込めないにしても、もう少し何か。。。
以前は直前に参加していたダボス会議でのウラ話的なことも言ってくれていたのですが。ちょっと寂しい限りです。

ハイテンションな武者先生

一部では「逆神」との呼び声も名高い、武者陵司さんです。
生で武者さんを拝むのは初めてです。
テーマは「明るい米国、厳しい中国の相克」〜乱高下が予想される2016年の株式市場〜
内容はタイトルの通りでありまして。。

  • 中国発の世界危機は可能性は高くないが、政策を間違えるとあり得る
  • 米国が大丈夫である限りは問題ない。そして米国は政策を誤らず、リセッションには陥らない
  • 原油安は今まで悪材料にされてきたが、本来先進国には好材料。18ヶ月のタイムラグで原油安の恩恵が現れてくる
  • 消費で成長した米国は健全。投資で成長した中国は不健全。
  • 中国は今後、縮小していく
  • 世界の殆どは中進国となったのでもう「量」は不要で、これからは「質」。最高の技術とサービスを持つ日本は今後、大飛躍。
  • 現在の暴落はポートフォリオ(再)構築のチャンス

という感じ。素晴らしい未来です。しかし、、武者先生が言うと微妙に心配なのは私だけでは無いはず。。

始めよう投資信託セミナー。インベスターZの三田先生

三井住友アセットのパートです。
スペシャルゲストは投資漫画「インベスターZ」の作者、三田紀房先生です。
こちらもポイントのみ。
三田先生「『投資信託』というのは名前が悪い。『信託』という言葉が分からない。若い人にとっつきにくい。何かもっと一般的な名称にした方が良い」
「投資は路線バス。目的地は駅。駅に着く直前はたいてい道が混んで遅くなる。そこで一つ手前で降りて歩いてみると、むしろ早く着いたりする。これが成功の秘訣。健康にも良い。」含蓄のあるお言葉です。
インベスターZ、読んでみたくなりまして。
ちなみに、今までストーリーでは投資信託は扱っていないとのこと。三井住友アセットさん、それで良いのか??

やはりただ者ではないボビー・オロゴン

最後はパネルディスカッションでしたが、ここはボビー・オロゴンさんの独壇場でした。
そして、分かってはおりましたがボビーさん、実は相当賢くてキレ者です。
そもそもアフリカから日本に来てビジネスで成功してますからね。
ボビーさんの発言を中心に。
「投資はゲーム、ギャンブルではなく、男のロマン」
「明日の山を作るには、今日は石を集める」(ナイジェリアの諺?)
「原油はそろそろ底。下がっても二、三割」
「最後の逃げ場は金か円。世界が狂うと日本が一番信頼できる。なぜかは上手く説明出来ないが」←これは今の世界のコンセンサスなのかも。
「申年なので暴れていこうぜ。ただしリスクは取り過ぎない。浮き輪だけは用意しておく」
「アラムコ(のIPO)に期待」
などなど。

まとめというか

竹中さんと武者さんの話はトレーダー向けというか、あまりNISAのイベントっぽくなかった様な気がします。
ミニセミナーは運用会社の商品紹介が殆どでしょうし。
これで良かったのでしょうか。
個人的には三井住友アセットのインベスターZコラボのパートと、最後のボビーの話が収穫でした。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする