(2/8)マイナス金利、円高、株安状況下でのリートへの投資方針

1/29のマイナス金利を受けてニュースも色々と出ていますが、Jリートへの影響を直接的に論じたものがあまり無いので、探しつつ、自分の考えを述べてみたいと思います。

スポンサーリンク
Id_20151123

ニュースから拾い読み

マイナス金利での影響についてはマネックスラウンジに記事が出ていましたので紹介しておきます。
日銀のマイナス金利導入の影響 【J-REIT投資の考え方】
詳細は記事本文をお読みください。

要旨:

  • 金利低下により、国債では昨年同様の利息収入が得られない状況となっている。
  • 12月に日銀が行った金融緩和の補完措置の時点でJ-REIT投資に対する需要は高くなっていた。
  • ただし、J-REITが今後も安定的に上昇する訳ではない。中国経済など日銀の手が届かない要因の下落リスクがある。

一方でこんな記事も。2/7の毎日新聞です。
マイナス金利 地銀の高リスク運用監視 外債・REIT−−金融庁(毎日新聞)
毎日以外のソースが発見できないので、本当かと思ってしまいますが、

金融庁が、日銀のマイナス金利導入でお金の運用先に困った地方銀行などがリスクの高い有価証券運用を増やさないか、警戒を強めている。
・・・
金融庁幹部は「危ない道に踏み出すのなら、注意の笛を吹かないといけない」と話す。

これが本当だとすると(本当なのでしょうけど)、地銀というのは企業への融資という本来の役割も、資産運用による収益拡大についても全く能力が無いということになります。。私が日本の銀行、特に地銀に投資することは無いでしょう。

東証REIT指数と日経平均の推移

ちなみに、、REITの個別銘柄やインデックスファンドを持っていると実感あると思いますが、年明け以降も、1/29のマイナス金利以降も、あまり価格は下落はしていないという印象です。
任意の起点を指定して比較チャートを表示できるサービスが見あたらなかったので、おなじみYahoo!ファイナンスより東証REIT指数連動と日経平均の比較です。

東証REIT指数ETF(1343)と日経平均の比較


1/29を起点とした崩落率は1343は102.5%、日経平均は97%です(nikkei.comのスマートチャートより)
1343(東証リート指数)はやはり1/29起点でもプラスですね。リートに資金流入しているのでしょうか。ついでに言うと、日経平均も思ったよりも落ちていません。

自分の考え

もともとリートはインカムゲイン目的の投資ですので、あまり短期の変動は気にしていません。
リートは不動産でありながら株式との連動も高いという金融商品なので、「株」と「不動産」の両方の影響を受けるものだと思います。
「株式市場要因」による下落の場合、むしろ買いの好機であって、リートで売りを考えるのは「不動産市場が要因」による下落が明らかになった時でしょう。
そういう意味で言うと金融機関が運用のためにリートを買うというのは不動産の実需、価格形成とは関係無い上昇を招く原因だと思いますので、注意が必要かと思います。

※投資判断はご自分でお願いいたします。

スポンサーリンク
Id_20151123
Id_20151123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする